『ぼくたちの1・17~希望をつむいで』

1995年、1月17日に起きた「阪神淡路大震災」。

その震災の記憶を忘れないために、そしてそれ以上に大切なことがあると思い、

それらを伝えるためにこの芝居を上演しました。

龍秀雄が「7どろっぷす」時代の作品で、女優の京町(みやこ)さんと共に創り上げました。

また、この「ぼくたちの1.17」を上演の際には、

森祐理さんに「しあわせ運べるように」を歌っていただきました。

とても美しい歌声に、つい涙がこぼれでてきてしまいました。